【相談無料、全国対応可】解雇、残業代、ハラスメント等労働問題のご相談なら 弁護士高井翔吾

【初回相談無料、全国対応】
労働問題(解雇、残業代、ハラスメント等労働事件全般)なら
弁護士 高井翔吾

東京都港区赤坂2-20-5デニス赤坂4階(池田・高井法律事務所)

受付時間:9:30~17:30(夜間・土日祝日も事前予約により対応可)

無料相談実施中

お気軽にお問合せください

お気軽にお問合せください

03-6435-8016

セクハラ

セクハラ(性的嫌がらせ)については、雇用機会均等法11条において、使用者は、職場における性的言動により労働者が不利益を受けたり、就業環境が害されることのないように、雇用管理上必要な措置を講じなければならないとされています。セクハラとは、労働者の「意に反する」性的言動を指すので、他の人にとっては性的言動とは思えなくても、当該言動を受けた労働者が嫌な思いをしたのであれば、それはセクハラとして、使用者に対し改善を求めることが出来ると考えられます。

また、当該セクハラの言動が、社会常識に照らしても相当性を逸脱していると考えられる時は、民法上の不法行為として、慰謝料等の損害賠償請求ができます。

セクハラ問題は、被害者の方が我慢をしたり、ご自身に責任があると考えられたりして、結局泣き寝入りとなってしまうことが多いのも事実です。しかし、悪いのは被害者ではなく加害者であり、被害者の方には責任はありません。相談だけでも構いませんし、ご依頼の結果、必ず裁判になるわけでもありません。お一人で抱え込まず、まずはお気軽にご相談下さい。

3つの強み

当事務所の3つの強みについてご説明しております。

弁護士紹介

弁護士高井翔吾の経歴についてご説明しております。

弁護士費用

弁護士費用についてご説明しております。

お問合せはこちら
(Zoom等を活用し全国からのご依頼に対応しております)

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

03-6435-8016

受付時間:9:30~18:30(夜間・土日祝日も事前予約により対応可)

無料相談はこちら

【全国対応】
お問合せはお気軽に

03-6435-8016

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

ごあいさつ

弁護士 高井翔吾

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。